保険コラム

出産にかかるお金の話~差がつくポイントはここだった!~

お金
2016年 09月12日

お金
2016年 09月12日
出産にかかるお金の話~差がつくポイントはここだった!~

出産にかかるお金
ポイント
  • 出産にかかるお金は、出産する環境・タイミング・出産方法などによって異なります。
  • 病院を決める前に、事前に病院に確認をしておきましょう。
  • 先輩ママたちが実際にかかった出産費用を参考に、出産に向けてお金の準備をしましょう。
新しい命を授かることは、とてもおめでたいこと。嬉しい反面、出産に備えて色々と準備をすることが多く、初めて授かる方は心配ごとも多いのではないでしょうか。
最近では帝王切開で出産する方も増えてきており、「出産時、どれくらいお金がかかるのか」は、ママたちの不安の一つ。
通常、出産は病気と異なるため保険適用外となり、病院によって金額も異なります。「出産してお金が戻ってきた!」「予想以上にかかった…」など、人によって差があるのもこのためです。
そこで今回は、出産時にかかるお金の、「差がつく」ポイントをお伝えします。

入院・出産する環境で差がある!

出産するとなると、まず決めなければいけないのが「どこで出産するか」だと思いますが、地域や病院、入院中の部屋のタイプなど、環境の違いで出産にかかるお金は異なってきます。
地域でこんなに差があった!都道府県別、平均出産費用
地域でこんなに差があった!都道府県別、平均出産費用
正常分娩で出産したママたちの、出産費の平均額を都道府県別で見てみると…
出産費用が高い都道府県ベスト3 出産費用が安い都道府県ベスト3
東京都 609,189円 鳥取県 394,087円
神奈川県 555,749円 熊本県 413,722円
栃木県 538,927円 沖縄県 415,783円
出産費用が高い都道府県ベスト3
東京都 609,189円
神奈川県 555,749円
栃木県 538,927円
出産費用が安い都道府県ベスト3
鳥取県 394,087円
熊本県 413,722円
沖縄県 415,783円
[参照]国民健康保険中央会 正常分娩分の平均的な出産費用について(平成27年度)
もっとも高かったのは、東京都で約61万円。逆に最も安かったのが鳥取県の39万5千円。その差額、何と20万円以上!
全国平均が499,615円ですから、都心になるとそれだけ高額になるという事がわかります。
あなたはどの施設を選ぶ?施設別、平均出産費用
あなたはどの施設を選ぶ?施設別、平均出産費用
出産する地域によっても差がありますが、「どの施設で出産するか」でも、かかるお金が変わってくるようです。
施設 平均金額
病院 503,967円
診療所(クリニック) 496,689円
助産所 460,952円
[参照]国民健康保険中央会 正常分娩分の平均的な出産費用について(平成27年度)
病院・診療所(クリニック)・助産所それぞれで出産した場合、もっとも平均額が高いのは病院で、もっとも安いのが助産所でした。その差額は約4万円。内訳をみると、助産所や診療所(クリニック)に比べて、病院は入院料、検査・薬剤料が高額になるようです。
あくまでも平均ですので、詳しくは出産を予定している施設に問い合わせてみてください。
また、それぞれの施設のメリット・デメリットがありますので、ご家族と相談のうえ、納得のいく施設選びをしてくださいね。
病院 医師または歯科医師が診察・診療を行う医療施設で、入院用のベッドが20床以上ある施設のこと
診療所(クリニック) 医師または歯科医師が診察・診療を行う医療施設で、入院用のベッドが19床以下ある施設のこと
助産所 複数の助産師が勤務しており、9床以下のベッド数で分娩・入院処置を行う施設のこと
※病院・診療所と異なり、お医者さんがいないため、ママに合併症などがなく、妊娠中の経過に大きな異常がない場合に限り、利用可能になります。
病院
医師または歯科医師が診察・診療を行う医療施設で、入院用のベッドが20床以上ある施設のこと
診療所(クリニック)
医師または歯科医師が診察・診療を行う医療施設で、入院用のベッドが19床以下ある施設のこと
助産所
複数の助産師が勤務しており、9床以下のベッド数で分娩・入院処置を行う施設のこと
※病院・診療所と異なり、お医者さんがいないため、ママに合併症などがなく、妊娠中の経過に大きな異常がない場合に限り、利用可能になります。
[参照]国民健康保険中央会 正常分娩分の平均的な出産費用について(平成27年度)
個室派?大部屋派?その室料差額は…
個室派?大部屋派?その室料差額は…
正常分娩での出産における平均入院日数は約6日。その入院期間中、どういった環境で過ごすかで、かかる金額が変わってきます。個室を選んだ場合、差額平均は6日間で約16,000円。
「ゆっくりと気を使わずに赤ちゃんや家族と過ごしたい」という方は個室を、「他のママたちとも交流したい」「できるだけ安く抑えたい」という方は大部屋を選びましょう。

出産するタイミングで差がある!

おおよその出産時期はわかったとしても、いつ、何時に出産するか、そのタイミングは赤ちゃん次第。
「ゴールデンウィーク中の出産で祝日割増がかかってしまった」「深夜に病院に入って、割増料金がかかった」なんてことも…
また、いつのタイミングで入院費用の計算が始まるのかもポイントの一つ。
深夜0時を超える少し前に陣痛室に入り、たかが数分で1日分の入院として換算された…といったケースもあります。
祝日割増や深夜料金などは入院・出産する施設によって異なります。あらかじめ調べておくようにしましょう。

分娩方法によって差がある!

出産は病気ではありませんので、正常分娩の場合保険適用はされません。そのため全額が自己負担になります。入院・出産にかかる平均金額は499,615円、出産一時金として42万円(※1)を受け取れますので、差額分が自己負担額になります。
一方、帝王切開や吸引分娩などの異常分娩(※2)だった場合は健康保険が適用され、入院費・手術代・投薬などは3割負担に。
異常分娩の場合、状況によって金額にかなり差が出るため、一概に○○円くらい…と出すことが難しいのですが、民間保険会社の医療保険に加入していた場合、保険金がおりるケースもあるため、逆におトクになった!というママも。
医療保険や加入のタイミングによって、給付が受けられるケースや金額は異なります。これから医療保険を検討する方は、あらかじめ内容をよく確認したうえで、保険選びを行うと良いでしょう。

※1)産科医療補償制度の対象外となる出産の場合は40.4万円
※2)正常な分娩から逸脱する場合の分娩のこと。帝王切開、吸引分娩、骨盤位(逆子)など、症状は様々あります。

実際にどれくらいの差がでるの?請求明細書をチェック!

実際に、先輩ママたちは出産時どのくらいの金額がかかっているのでしょうか。請求明細書をチェックしてみましょう!
正常分娩の場合の出産にかかる費用
切迫早産+帝王切開の場合の出産にかかる費用

ケースAの正常分娩で出産したママは、出産一時金など差し引いて病院からの請求額の合計は約8万4千円。
一方、ケースBのママは、切迫早産(※)で入院~帝王切開で出産というケースです。
この場合、健康保険が適用されるため、入院費や帝王切開手術代などは3割負担に。
また、高額療養費制度にも該当するため、病院からの請求額の合計は約43万円。出産手当金で費用のほとんどをまかなうことができました。さらに、民間の医療保険にも加入されていたため、保険金が19万円給付され、トータルではなんと17万円以上もプラスに!

※妊娠22週0日~36週6日の間に生まれる「早産」の、一歩手前の状態のこと

まとめ

家族の一大イベントである出産。環境・タイミング・出産方法などで、その金額は大きく変わってきます。ママが安心して出産できることが大前提ですが、「一通り終わって請求額にびっくり!」という事がないよう、事前に確認できるところはぜひ一度確認しておきましょう。

タグから関連記事を探す

カテゴリーから探す

カテゴリーから探す