クレジットカードのおすすめランキング|究極にお得な1枚はコレ

初心者はもちろんそうでない方も、多くのクレジットカードから自分に合った1枚を見つけるのは簡単ではありません。本記事では、クレジットカードのおすすめランキングと、カードを選ぶ際のポイントを紹介します。自分に合った究極の1枚を見つけてください。
  • 2022年4月19日
  • 2022年9月16日
クレジットカードおすすめランキング

さまざまな企業から多種多様なクレジットカードが発行されており、自分に合う1枚を見つけるのは簡単ではありません。

カードによってメリット・デメリットが異なるため、迷っている方も多いのではないでしょうか。

そこで本記事では、クレジットカードのおすすめランキングを紹介します。

クレジットカードを選ぶ際のポイントもあわせて解説するので参考にしてください。

数あるカードの中から自分に合った1枚を見つけて、快適なキャッシュレス生活を送りましょう。

当サイトのランキングは独自に調査した年会費や還元率・実際の利用者の評判と、クレジットカード公式サイトの情報を基に、専門家の監修を得て総合的に判断し作成しています。

※本記事の価格は全て税込みです。

この記事の監修者
野田美紀
野田美紀
保有資格

税理士・ファイナンシャルプランナー(CFP®)|複数の職場で経営や組織構築の経験を積み税理士として独立。 「自分が選んで歩む道、一歩一歩を大切にする人材の育成に貢献する」を理念に活動を行う。

クレジットカードを選ぶポイント

クレジットカード

おすすめのクレジットカードを紹介する前に、クレジットカードを選ぶ際のポイントを解説します。

カード選びの参考にしてください。

クレジットカードを選ぶポイント
  • 年会費
  • ポイントサービス
  • 国際ブランド
  • 付帯保険
  • 付帯サービス・特典

年会費で選ぶ

お金と植物

クレジットカードの年会費は、無料から数十万円までさまざまです。

また、年会費有料の中でも以下のような条件が付いているものもあります。

  • 初年度のみ無料
  • 条件を満たせば無料
    「年1回の利用で無料」「WEB明細の利用で無料」「リボ手数料の支払いで無料」など

年会費は、特典の充実度とほぼ正比例します。単純に年会費が高いほど特典が充実する傾向にあります。

年会費無料のカードだからと言って、決済機能が劣っていたりクレジットショッピングの使い勝手が悪いわけではありません。

そのため、クレジットカード初心者や学生の方は年会費無料のクレジットカードで十分でしょう。

年会費有料のカードは特典を利用しなければ損するおそれがありますが、特典をフル活用すれば年会費以上のベネフィットがあるカードも少なくありません。

ポイントサービスで選ぶ

ポイント還元

クレジットカードは現金と違い、利用することでポイントやマイルが還元されます。

ポイントやマイルを最大限活かすためにも、以下の項目をチェックしましょう。

  • ポイント還元率
    基本が1.0%以上なら高い
  • ポイントの使い道
    現金感覚で使える・共通ポイントに交換できるなどがおすすめ
  • ポイントアップサービス
    特定のお店で還元率が上がる・年間利用額が大きいほど還元率が上がるなど
  • ポイント有効期限
    長いほどじっくり貯められる

国際ブランドで選ぶ

国際ブランド

国際ブランドで選ぶのも1つです。

国際ブランドによって加盟店数(利用できる店舗)が異なる他、ステータスや特典に差があります。

ブランド名加盟店数ステータス主な特典
VISA約7,000万店舗
※世界中に分布
普通・旅行予約サイトの割引
・空港宅配サービス
Mastercard約7,000万店舗
※世界中にあり。ヨーロッパに強い
普通・ダイニング特典
・空港クロークサービス
JCB約3,500万店舗
※日本国内中心。アジアやハワイにも
普通・ワイキキトロリー無料
・東京ディズニーリゾートの優待
アメリカン・エキスプレス約4,400万店舗
※主にアメリカ
高い・アメリカン・エキスプレス・コネクト(優待)
・ダイニングやゴルフ優待
ダイナースクラブ約3,400万店舗
※主にアメリカ
高い・コース料理1名分無料
・世界各地の空港ラウンジの利用
銀聯(Union Pay)約6,200万店舗
※主に中国
普通・特定店舗で割引
クレジットカードを初めて保有する方や国際ブランドに特にこだわりがない方は、VISAを1枚持っておくとよいでしょう。

2枚目のクレジットカードを探しているなら、1枚目とは違う国際ブランドを選ぶと利用範囲が広がるのでおすすめです。

付帯保険で選ぶ

保険

クレジットカードに付帯している保険も、カードを選ぶうえで重要なポイントです。

  • 付帯する保険の種類
    海外旅行傷害保険、国内旅行傷害保険、ショッピング保険、個人賠償責任保険など
  • 保険適用の条件
    自動付帯 or 利用付帯、リボショッピングなど
  • 補償内容・補償額
    必要な金額がカバーできるかチェック

基本的には、カードランクや年会費が上がるほど補償は手厚くなる傾向にあります。

付帯サービス・特典で選ぶ

ラウンジもみじ

以下はクレジットカードの定番の付帯特典です。

  • 空港ラウンジの無料利用
  • ダイニング特典(コース料理1名分無料など)
  • 海外アシスタントサービス
  • コンシェルジュサービス
  • ホテルの上級会員資格の付与

どの特典が付帯するかはクレジットカードによりさまざまなので、利用したい特典が付帯しているかどうかを確認しましょう。

上記のような豪華な特典の多くはゴールドカード以上に付帯しています。

ゴールド以上のカードは年会費が高額ですが、特典だけで年会費をペイできる可能性も十分です。

自分に必要な特典が付帯しているなら、年会費をかけてでも持つ価値は大きいでしょう。

それでは次章より、おすすめのクレジットカードランキングを紹介します。

第1位:JCB CARD W

JCB CARD W

JCB CARD W
ポイント還元率1.0%~5.5%
名称Oki Dokiポイント
1ポイントの価値5円
交換可能マイルANAマイル、JALマイル、スカイマイル
年会費初年度無料
2年目以降
家族カード
旅行保険海外最高2,000万円(利用付帯)
国内なし
ETCカード発行手数料無料
年会費
ポストペイ型電子マネーQUICPay
国際ブランドJCB
発行会社株式会社ジェーシービー
発行期間最短3営業日(届くのは1週間後)

JCB CARD WはJCBが発行するプロパーカード「JCBオリジナルシリーズ」のうち、39歳以下限定のクレジットカードです。

JCB CARD Wのおすすめポイント
  • 年会費永年無料・還元率1.0%
  • 最高2,000万円の海外旅行傷害保険付帯
  • 不正検知システム、本人認証サービスがあり安心して使える

年会費無料のうえにポイントが貯まりやすい

okidokiポイント

JCBカードは年会費がかかるものがほとんどですが、JCB CARD Wなら年会費が永年無料です。

39歳までに申し込めば、40歳以降も無料で持ち続けられます。

また、JCBオリジナルシリーズの基本のポイント還元率は0.5%ですが、JCB CARD Wなら常に2倍、1.0%が還元されます。

コストをかけずポイントを効率よく貯めたい方にもってこいの1枚です。

ポイントアップサービスも充実しています。

  • JCBオリジナルシリーズパートナー
    JCBオリジナルシリーズのポイント優待店利用で通常より多くポイントが加算
  • Oki Dokiランド
    経由してショッピングするとボーナスポイント進呈

優待店にはセブン-イレブンやスターバックス、Amazonなどが含まれているので、日常のさまざまなショッピングがお得になります。

Oki DokiランドはJCBが運営するポイントサイトで、ネットショッピングの際にOki Dokiランドを経由するだけでポイントが最大20倍になるサービスです。

最高2,000万円の海外旅行傷害保険が付帯

ハワイワイキキトロリー

利用付帯ではありますが、年会費無料ながら最高2,000万円の海外旅行保険が付帯しているのもうれしいポイントです。

ハワイのワイキキトロリー(ピンクライン)の乗車賃が無料になるといった、JCBならではの特典も使えるため、海外旅行好きにもおすすめです。

第2位:三井住友カード(NL)

三井住友カード ナンバーレス

三井住友カード(NL)
ポイント還元率0.5%~5.0%
名称Vポイント
1ポイントの価値1円相当
交換可能マイルANAマイル
年会費初年度永年無料
2年目以降
家族カード
旅行保険海外最高2,000万円(利用付帯)
国内なし
ETCカード発行手数料無料
年会費初年度無料
次年度550円
(ETCの利用が前年に1回以上の場合、無料)
ポストペイ型電子マネーiD
国際ブランドVisa、Mastercard
発行会社三井住友カード株式会社
発行期間最短翌営業日
※即日発行申し込みなら最短5分
※最短5分発行受付時間:9:00~19:30
※受付には連絡可能な電話番号が必要です。

三井住友カード(NL)は、三井住友カードが発行する年会費永年無料のクレジットカードです。

三井住友カードから発行されるカードは年会費有料がほとんどですが、三井住友カード(NL)なら無条件に年会費無料で保有できます。

三井住友カード(NL)のおすすめポイント
  • 年会費無料
  • ナンバーレスカード(カード情報はアプリで管理)
  • セブン-イレブン・ローソン・マクドナルドなどで5%還元

ナンバーレスで安心

三井住友カード

通常の三井住友カードとの最大の違いは、ナンバーレスタイプである点です。

カード番号や有効期限、セキュリティコードなどの情報がカード券面に一切記載されておらず、カード情報はアプリ上で確認します。

見た目がスタイリッシュなうえに他人に盗み見されるリスクも防げます。

不正利用を補償してくれる制度も盤石であり、クレジットカード初心者でも利用しやすいでしょう。

利用履歴などもアプリ上ですぐに確認できるため、身に覚えのない利用にもすぐに気付けます。

セブン-イレブン・ローソン・マクドナルドなどは最大5%還元

三井住友カード5パーセント還元

セブン-イレブン・ローソン・マクドナルドなどの利用で最大5%もの高還元率になるのもメリットです。

項目ポイント還元率
通常ポイント還元200円につき1ポイント(0.5%)
対象店舗での利用200円につき4ポイント(2.0%)
Visaのタッチ決済/Mastercard®コンタクトレス利用で200円につき5ポイント(2.5%)
合計200円につき10ポイント(5.0%)

対象店舗から選んだ3つのお店で1.0%還元になるなど、通常の三井住友カード(年会費1,375円)と同様の特典も付帯しています。

最高2,000万円の海外旅行傷害保険も付帯しており、海外旅行時にも役立ちます。

第3位:三井住友カード ゴールド(NL)

三井住友カード ゴールド(NL)

三井住友カード ゴールド(NL)
ポイント還元率0.5%~5.0%
名称Vポイント
1ポイントの価値1円
交換可能マイルANAマイル
年会費初年度5,500円
2年目以降5,500円
※前年度100万円以上の利用で永年無料
家族カード無料
旅行保険海外最高2,000万円(うち300万円自動付帯)
国内
ETCカード発行手数料無料
年会費550円
※ETCカードご入会初年度無料
※翌年度以降は、前年度に1回以上ETC利用のご請求があれば年会費無料
ポストペイ型電子マネーiD
国際ブランドVISA、Mastercard
発行会社三井住友カード株式会社
発行期間即時発行 ※
※19:31~8:59は時間外の為、申込不可

三井住友カード ゴールド(NL)は、三井住友カード(NL)のワンランク上にあたるゴールドカードです。

三井住友カード(NL)と同様にナンバーレスタイプで、カード番号やセキュリティコードなどは券面に記載されていません。

安心に利用できるのはもちろん、ゴールドなので三井住友カード(NL)と比べてもよりスタイリッシュなデザインです。

三井住友カード ゴールド(NL)のおすすめポイント
  • 年間利用額100万円以上で年会費永年無料
  • 年間100万円利用時のポイント還元率は実質1.5%
  • 空港ラウンジサービス付き

100万以上利用で年会費が永年無料

三井住友カードゴールド(NL)

年会費は5,500円とゴールドカードのなかではリーズナブルな年会費です。

しかも、年間の利用額が100万円以上なら翌年以降の年会費が永年無料という年会費優遇サービス付き。

100万円と聞くとハードルが高いように感じるかもしれませんが、月々9万円程度利用すればクリアできます。

家賃や公共料金などの固定費の支払いを三井住友カード ゴールド(NL)で支払えば、難しくない数字でしょう。

さらに毎年、前年の利用額が100万円以上の場合に10,000ポイントがプレゼントされます。

通常還元率は0.5%と決して高くないですが、100万円利用時の還元率は実質1.5%にものぼります。

年会費も一切かからなくなるので、100万円の利用の可否が三井住友カード ゴールド(NL)を選ぶ大きなポイントと言えますね。

空港ラウンジなど豪華なゴールド特典

羽田空港ラウンジ

セブン-イレブン・ローソン・マクドナルドなどで最大5%還元、3つのお店で1%還元など三井住友カード(NL)の魅力はそのままに、さらに特典内容が豪華になります。

海外・国内ともに最高2,000万円の旅行傷害保険が付帯、空港ラウンジサービスも無料で利用可能です。

年間利用額が多い方や空港サービスなどを利用する方なら三井住友カード(NL)よりもお得に利用できるでしょう。

第4位:アメリカン・エキスプレス・カード

アメックスグリーン

アメリカン・エキスプレス・カード
ポイント還元率0.3~1.0%
名称メンバーシップ・リワード
1ポイントの価値0.3円
交換可能マイルANAマイル、JALマイル、スカイマイル
年会費初年度13,200円
2年目以降
家族カード6,600円
旅行保険海外最高5,000万円(利用付帯)
国内
ETCカード発行手数料935円
年会費無料
電子マネーQUICPay+
国際ブランドアメリカン・エキスプレス
発行会社アメリカン・エキスプレス・インターナショナル・インコーポレイテッド
発行期間最短3営業日

アメリカン・エキスプレス・カード(以下アメックスグリーン)は、アメックスが発行するプロパーカードのうち最もスタンダードなクレジットカードです。

アメックスグリーンのおすすめポイント
  • 一般カードながらゴールドカードクラスのステータスと特典
  • 同伴者1名まで無料の空港ラウンジサービス
  • 各種プロテクションが日常生活に安心をプラス

ゴールドカードクラスのステータスと特典

くつろぐ男性

年会費はアメックスのプロパーカードのなかでは最もリーズナブルですが、13,200円と他社一般カードと比べると高額です。

しかし、スタンダードカードでありながら他社ゴールドカードクラスの豪華な特典が付帯しており、年会費を上回る価値があります。

一般カードながらステータス性もあるため、信用力の裏付けとしても役立ちます。

手厚いトラベル特典と補償

プライオリティパス

アメックスグリーンには、以下の旅行時に役立つ特典がしっかり付帯しています。

  • 空港ラウンジが無料
  • 1回32米ドル(約3,520円/1ドル110円換算)で利用できるプライオリティ・パス会員権が無料
  • 手荷物無料宅配サービス
  • アメリカン・エキスプレス・トラベル オンライン
  • 最高5,000万円の海外・国内旅行傷害保険

アメックスグリーン会員は、国内主要空港・ハワイの空港のラウンジが同伴者1名まで無料で利用できます。

また、プライオリティ・パス会員に無料で登録でき、国内外1,300ヶ所以上の空港ラウンジを1回32米ドルで利用可能です。

他社クレジットカードでは片道のみ無料で利用できる手荷物宅配無料サービスが多いなか、アメックスグリーンなら往復無料です。

海外旅行や出張の機会が多い方なら、アメックスグリーンの年会費を取り返すのは難しくないでしょう。

旅行保険は利用付帯ですが、海外での治療費や携行品の損害にも備えられる補償内容です。

さらに、購入商品に対する補償はもちろん、お店が返品を受け付けてくれない場合にも補償を受けられます。

さまざまな補償が充実しているので、安心して利用できるでしょう。

第5位:ライフカード

ライフカード

ライフカード
ポイント還元率0.5%~1.5%
名称LIFEサンクスポイント
1ポイントの価値5円
交換可能マイルANAマイル
年会費初年度無料
2年目以降
家族カード
旅行保険海外なし(付帯型も選べる)
国内なし
ETCカード発行手数料無料
年会費無料
※一部提携カードのETCカードは年会費有料:550円
ポストペイ型電子マネーiD
国際ブランドVisa、JCB、Mastercard
発行会社ライフカード株式会社
発行期間最短3営業日発行

ライフカードが発行する最もオーソドックスな年会費永年無料のクレジットカードです。

維持コストが一切かからないため、持っておいて損はありません。

初めてのクレジットカードを探している方や、コストをかけずポイントをお得に貯めたい方、カード発行を急いでいる方におすすめの1枚です。

ライフカードのおすすめポイント
  • 年会費永年無料
  • 発行スピードが速い&比較的発行しやすい
  • 年間利用額に応じてポイントがアップ

発行スピードが速く比較的発行しやすい

ライフカード申込フロー

18歳以上(高校生を除く)なら申し込めるので、クレジットカード初心者や学生の方、収入がない専業主婦なども申し込みやすいですしょう。

最短3営業日と発行スピードが早いため、急いでいる方にもおすすめです。

申し込みはインターネット上で簡単に行えます。

ポイントアップサービスが充実

ライフカードポイントアップ

基本の還元率は0.5%と平均的ですが、ポイントが貯まりやすいサービスが充実しているのが特徴です。

  • 初年度は0.75%還元
  • 誕生日月は1.5%還元
  • ステージ制プログラムで利用するほどポイントアップ

ライフカードにはステージプログラムが導入されており、年間の利用額に応じて翌年度のポイントが最大2倍に。

年間利用額200万円以上なら翌年度はいつでも1.0%分のポイントが貯まります。

年間50万円利用すれば300ポイントのスペシャルボーナスがもらえる特典もあります。

また、獲得したポイントが最大5年間有効なのもうれしい点です。カード利用額があまり多くなくてもマイペースに貯められます。

そのほか、ライフカード会員は日本語で対応してくれる海外アシスタンスサービス「LIFE DESK」が利用できます。

海外旅行に不慣れな方の心強い味方になってくれるでしょう。

第6位:三菱UFJカード VIASOカード

三菱UFJカード VIASOカード

三菱UFJカード VIASOカード
ポイント還元率0.5%~12.5%
名称VIASOポイント
1ポイントの価値1円
交換可能マイルなし
年会費初年度無料
2年目以降
家族カード
旅行傷害保険海外最高2,000万円(利用付帯)
国内なし
ETCカード発行手数料1,100円
年会費無料
ポストペイ型電子マネーQUICPay
国際ブランドMastercard
発行会社三菱UFJニコス株式会社
発行期間最短翌営業日

三菱UFJカード VIASOカード(以下VIASOカード)は、三菱UFJニコスが発行する年会費無料のクレジットカードです。

インターネットから申し込み後最短翌営業日に発行されるため、カード受取まで3日~1週間程度。比較的発行スピードの早いカードです。

VIASOカードのおすすめポイント
  • 年会費永年無料・最短翌営業日発行
  • 現金として自動キャッシュバックされる
  • 携帯電話・ネット・ETCの利用分は1%還元

交換不要の自動キャッシュバック

自動キャッシュバックのあるクレジットカード

VIASOカードの特徴は、カードを利用するとポイントが貯まり、貯まったポイントが現金として自動でキャッシュバックされることです。

カード利用1,000円ごとに5ポイント貯まり、1ポイント1円として引き落とし口座に振り込まれます。

還元率は0.5%と特別高いわけではありませんが、面倒なポイント交換をしなくて良いのがメリットです。

ただし、キャッシュバックの最低ラインは1年間で1,000pt以上貯める事です。

還元率は0.5%のため、1年間で20万円使う必要があります。

次年度に引き継ぎはないため、1年で20万円使えない方には全く得がありません。

ケータイやネット利用分は1%還元

VIASOカード-特定加盟店-ポイント2倍

さらに、携帯電話やインターネット、ETCの利用分はポイントが2倍、還元率1%になります。

毎月必ず発生する支払いでポイントがアップするのはうれしい点でしょう。

そのほか、年会費無料ながら最高2,000万円の海外旅行傷害保険も付帯しているのも魅力です。

利用付帯ではあるものの、海外でのケガ・病気の際の治療費に備えられる傷害・疾病治療補償や、手荷物の紛失などに備えられる携行品損害補償も付いています。

第7位:楽天カード

楽天カード

楽天カード
ポイント還元率1.0%~3.0%
名称楽天ポイント
1ポイントの価値1円
交換可能マイルANAマイル
年会費初年度無料
2年目以降
家族カード
旅行保険海外最高3,000万円(利用付帯)
国内なし
ETCカード発行手数料無料
年会費550円
※楽天会員ランクがプラチナ以上の場合は無料
ポストペイ型電子マネーQUICPay
国際ブランドVisa、Mastercard、アメリカン・エキスプレス、JCB
発行会社楽天カード株式会社
発行期間最短1週間

楽天カードは、年会費無料でポイントが貯まりやすい1枚を探している方にもってこいのクレジットカードです。

基本の還元率が1%と高く、普段の支払いで効率よくポイントが貯められます。

楽天カードのおすすめポイント
  • 年会費永年無料・還元率1.0%
  • 楽天市場での還元率が3%
  • 最高2,000万円の海外旅行傷害保険が付帯

楽天市場での利用が3%還元

楽天SPU

大きなメリットは、楽天市場での利用で還元率が3%にアップすることです。

条件還元率
楽天市場利用ポイント1.0%
楽天カード利用通常ポイント1.0%
楽天カードSPU特典ポイント1.0%
合計3.0%

SPUとは楽天市場のスーパーポイントアッププログラムのことで、楽天サービスの利用条件を達成すればするほど楽天市場での還元率が高くなる仕組みです。

SPUを活用すれば、楽天市場でのポイントが最大15.5倍にもなります。

お買い物マラソンなどのイベントと組み合わせれば、最大43.5%ものポイントが返ってきます。

この倍率アップのためには楽天カードの保有が必須なので、楽天市場で買い物する機会が多いならぜひ持っておきましょう。

年会費無料で維持コストが一切かからないので、楽天市場の利用頻度がそこまで高くないという方も持つ価値は十分にあります。

海外旅行時に役立つ特典も付帯

空港にあるキャリーバッグ

最高2,000万円の海外旅行傷害保険が付帯しているのも特徴です。

利用付帯ですが、年会費無料のカードのなかには旅行保険が付帯していないカードもあるため、コストなしで付帯しているのはうれしいポイントですね。

専用のハワイラウンジの利用サービスや海外レンタカーの優待などもあるので、海外旅行時に役立ってくれるでしょう。

第8位:セゾンパール・アメリカン・エキスプレス(R)・カード

セゾンパールアメックスデジタル

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス(R)・カード
ポイント還元率0.5%〜1.0%
名称永久不滅ポイント
1ポイントの価値5円
交換可能マイルANAマイル、JALマイル
年会費初年度無料
2年目以降1,100円/年1回以上の利用で翌年無料
家族カード無料
旅行保険海外なし
国内
ETCカード発行手数料無料
年会費
電子マネーQUICPay
国際ブランドアメリカン・エキスプレス
発行会社株式会社クレディセゾン
発行期間デジタルカードなら最短5分

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス(R)・カード(以下セゾンパールアメックス)は、クレディセゾンとアメックスが提携して発行するクレジットカードです。

年会費は初年度無料、2年目からは1,100円かかりますが、年に1回でも利用すれば翌年以降も無料に。つまり実質年会費無料で保有し続けられます。

セゾンパールアメックスのおすすめポイント
  • 初年度年会費無料、2年目からも年1回の利用で無料
  • QUICPayを利用して支払えば3%還元
  • セキュリティにも配慮されたナンバーレス

QUICPay利用で3%もの高還元

セゾンパールアメックスならQUICPay利用時3%還元

セゾンパールアメックスの最大の魅力は、QUICPayを利用して支払ったときの還元率の高さでしょう。

通常の還元率は0.5%と特別高くはありません。しかし、QUICPay払いをした分は3.0%にアップします。

セゾンパールアメックスをApple PayやGoogle Payに登録しておくだけで、スマホで簡単に支払えます。

セゾンQUICPayを利用して支払った分も3%還元の対象です。

QUICPayには全国133万ヶ所以上の店舗が加盟しているため、あらゆる支払いで3.0%ものポイントが返ってきます。

還元率アップはもちろん、Apple PayやGoogle Payを使えばカードを持ち歩く必要がないのもうれしいポイントです。

貯まるポイントは有効期限のない永久不滅ポイントなので、失効を気にせずマイペースに貯められます。

安心して利用できるナンバーレス

セゾンパールデジタルアメックス

セゾンパールアメックスはカード番号などがカードに記載されていないナンバーレスタイプです。

見た目がすっきりするだけでなく、盗み見されるリスクがなくなるため安心して利用できます。

申し込み後最短5分でアプリ上にデジタルカードが発行され、カード番号などの情報を確認できるのも魅力。

カードの到着を待たずすぐに利用できます。

第9位:Marriott Bonvoyアメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード

Marriott Bonvoyアメックスプレミアム

Marriott Bonvoyアメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード
ポイントマイル還元率1.0%〜1.25%
名称Marriott Bonvoyポイント
ポイントとマイルの交換レート3ポイント=1マイル
交換可能マイルANAマイル、JALマイル、その他多数
年会費初年度49,500円
2年目以降
家族カード24,750円(1枚無料)
旅行保険海外最高1億円(利用付帯)
国内最高5,000万円(利用付帯)
ETCカード発行手数料935円
年会費無料
ポストペイ型電子マネーQUICPay+
国際ブランドアメリカン・エキスプレス
発行会社アメリカン・エキスプレス・インターナショナル・インコーポレイテッド
発行期間最短3営業日

ホテル特典を重視したい方におすすめなのが、世界最大のホテルグループであるマリオット・インターナショナルとアメックスが提携して発行している「Marriott Bonvoyアメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード」(以下Marriott Bonvoyアメックスプレミアム)です。

旅行・ホテルステイ好きから人気を集めていた「SPGアメックス」の後継カードとして誕生しました。

Marriott Bonvoyアメックスプレミアムのおすすめポイント
  • ホテルの上級会員資格が無条件で付与される
  • カードの更新と条件達成でホテル無料宿泊特典がもらえる
  • マイル還元率が最大1.25%

ホテルの上級会員資格が無条件で付与される

マリオットボンボイポイント

Marriott Bonvoyアメックスプレミアムの基本カード会員には、通常年間25泊以上宿泊しないと獲得できない「ゴールドエリート」会員資格が無条件で付与されます。

ボースポイントやレイトチェックアウトで、ホテルステイがよりお得に、快適になるでしょう。

ゴールドエリート会員の特典の例
  • 25%のボーナスポイント
  • 客室アップグレード
  • レイトチェックアウト(14時まで)
  • ウェルカムギフトとしてポイント進呈 など

さらに、年間400万円以上利用すると、ゴールドエリートよりも手厚い待遇が受けられる「プラチナエリート」会員資格を獲得できます。

カードの更新と条件達成でホテル無料宿泊特典がもらえる

マリオットホテル

Marriott Bonvoyアメックスプレミアムでは、年間150万円以上利用したうえで翌年度もカードの継続をすると、マリオット・ボンヴォイ系列ホテルで利用できる1泊無料宿泊特典が進呈されます。

無料宿泊は交換レート50,000ポイントまでのホテルが対象ですが、手持ちのポイントを15,000ポイントまで合算可能。

これによって交換レート65,000ポイントまでのホテルが特典の対象になり、宿泊できるホテルを広げられます。

ホテル特典以外にも、国内外29ヶ所の空港ラウンジを無料で利用できる特典や、スマホの破損や盗難などに備えられる「スマートフォン・プロテクション」も付帯します。

カードの利用で貯まったポイントは、キャッシュバックや宿泊料金に充てられるほか、40以上の航空会社のマイルへ移行することも可能です。

60,000ポイント以上まとめて移行すると、ボーナスとして5,000マイルが加算され、マイル還元率は1.25%に!飛行機での旅行が多い方にもおすすめです。

第10位:dカード GOLD

dカードゴールド

dカード GOLD
ポイント還元率1.0%~10.0%
名称dポイント
1ポイントの価値1円
交換可能マイルJALマイル
年会費初年度11,000円
2年目以降
家族カード1枚目:無料
2枚目以降:1,100円
旅行保険海外最高1億円(自動付帯)
国内最高5,000万円(利用付帯)
ETCカード発行手数料無料
年会費無料
※初年度無料
※前年度に1回以上の利用で翌年度無料
ポストペイ型電子マネーiD
国際ブランドVisa、Mastercard
発行会社株式会社NTTドコモ
発行期間最短5日

dカード GOLDは、ドコモが発行するゴールドカードです。

年会費は11,000円ですが、ドコモユーザーなら年会費を取り返すのも難しくありません。

dカード GOLDのおすすめポイント
  • ドコモのケータイ・ドコモ光の利用料金は10%還元
  • 購入から3年間、最大10万円分のケータイ補償付き
  • 年間100万円以上利用で年会費相当のクーポンがもらえる

ドコモユーザーにうれしい特典

ドコモの利用料金

以下2つの特典を理由に、ドコモユーザーには強くおすすめできる1枚です。

  • ドコモの利用料金(税抜き)は10%還元
  • 最大10万円のケータイ補償

dカード GOLDの大きな魅力は、毎月のドコモのケータイ・ドコモ光の利用料金(税抜き)の10%がポイント還元されることです。

毎月ドコモのケータイに税抜10,000円支払っているとすると、毎月1,000ポイント、年間に換算すると12,000ポイント獲得できます。

これだけで年会費をペイできますね。

※ahamoを除くドコモケータイ料⾦およびドコモ光利⽤料⾦をさします。
※利⽤料⾦1,000円(税抜)につき100ポイント
※端末など代⾦分割⽀払⾦・各種⼿数料など⼀部の料⾦はポイント進呈の対象外となります。

また、購入から3年間、ケータイの紛失・盗難・修理不能などの際に、ドコモショップで同一機種・同一カラーの端末を購入する費用について最大10万円分のサポートが受けられます。

年間100万利用で年会費相当のクーポン

dカードゴールド年間利用特典

dカード GOLDには、年間利用額特典もあります。

年間利用金額(税込)クーポン金額
100万円以上200万円未満11,000円
200万円以上22,000円

毎月9万円程度の利用で11,000円分のクーポンがもらえ、それだけで年会費分を取り返せます。

dトラベルやメルカリ、ケータイ購入割引クーポンなど豊富な種類のクーポンから選べるので、使い道に困ることはないでしょう。

そのほか、国内主要空港・ハワイの空港が利用できる空港ラウンジサービスや最高1億円の手厚い海外旅行傷害保険など、ゴールドカードならではの特典も利用できます。

ドコモユーザーの方はもちろんですが、そうでない方にとってもコスパに優れたゴールドカードです。

人気クレジットカードから自分に合った究極の1枚を

本記事で紹介したおすすめクレジットカードランキングは以下のとおりです。

クレジットカードのおすすめランキング【2021】
  • 第1位:JCB CARD W
    年会費無料・1%還元で誰でもどこでも使いやすい
  • 第2位:三井住友カード(NL)
    セブン-イレブン・ローソン・マクドナルドなどで5%還元
  • 第3位:三井住友カード ゴールド(NL)
    年間利用100万円で年会費が無料になるゴールドカード
  • 第4位:アメリカン・エキスプレス・カード
    ステータスと心強いトラベル特典が魅力
  • 第5位:ライフカード
    年会費無料・ポイントをじっくり貯められる
  • 第6位:三菱UFJカード VIASOカード
    自動キャッシュバックで貯めたポイントを無駄にしない
  • 第7位:楽天カード
    楽天ユーザー必携カード、無料ながらトラベル特典も
  • 第8位:セゾンパール・アメリカン・エキスプレス(R)・カード
    QUICPay利用で3.0%還元
  • 第9位:Marriott Bonvoyアメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード
    毎年高級ホテルに無料で滞在できる豪華特典
  • 第10位:dカード GOLD
    ドコモ利用料の10%ポイント還元

クレジットカードによって、年会費や還元率、特典内容はさまざまです。

本記事ではおすすめのクレジットカードを紹介しましたが、「究極の1枚」は人によって異なります。

コストをかけずお得に使いたいなら年会費無料で還元率の高いカード、旅行に行く機会が多いならトラベル特典が充実しているものといったように、あくまでも自分に合ったクレジットカードを選ぶことが大切です。

本記事を参考に、数あるクレジットカードのなかから自分に合った1枚を見つけて、お得に、そして快適にクレジットカードを利用しましょう!

参考サイト